平戸路の蔵元 森酒造場ブログ

平戸路の蔵元 森酒造場 //豊年、平戸つつじ、平戸街道など販売しております。
春日の棚田米 田植え

早場米の田植えが始まりました。

山奥深く棚田が連なります。

 

 

 

古からの石垣がそのままに。先人の苦労が伺われます。

 

 

山里に潜み田畑を耕した隠れキリシタン。しかし、安満岳の水系と海風が

おいしいお米を作り出した。

 

農家の方々のお陰でうちのお酒がありますことに感謝して。

 

 

| 日記 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0)
武家屋敷のオープンガーデンとその周辺を巡る平戸おすすめ旅!

 

平戸の市花は平戸ツツジ。

平戸つつじが咲く頃、平戸の武家屋敷を中心にお庭が公開され、

立派な佇まいを散策して回ることができます。

普段は入れないので是非ともこの日に訪れたいもの。

 

これは↓大曲敦家のマダムお手製のDMとマップ。

このマップを見るだけでも平戸散策の楽しさが伝わってきます。

 

大曲敦家の本家にあたる大曲公家にはお殿様があそばされた貴重な茶室があり、

茶室の窓から庭のツツジが見られるというすごく贅沢な設計になっています。

 

内野家の見事な築山。

志自伎家には海に入ってくる船をチェックしていたという展望台があり

大航海時代を彷彿とさせるお庭。

武家屋敷のお庭は貴重な原木を見られる植物園のような場所であり、

歴史を味わえる場所でもあり。平戸のお庭は大したものです。

 

お庭だけでなく重要文化財や景観資産に登録されているものの公開もあります。

幕末の志士が密会したと言われる田助の永山家や明治の酒蔵(森酒造場)など。

 

ゆるりと流れる平戸時間。癒やされること間違いなしです。

お天気がよければお着物での散策、おすすめです。

移動にはシャトルバスをご利用下さい。

 

 

 

 

| 日記 | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0)
シブがき隊

蔵内は製造が終わり、蔵のメンテに入りました。

明治28年に建った蔵は古くて大変!

蔵男たちは梁や柱を磨いて柿渋を塗る作業を今日から開始。

その名も「シブがき隊」違うか(;´∀`)

はしごは簡単そう!

しかし、

天井の梁はリフトに乗って塗ります。

乾燥しては重ね塗りの繰り返しが続きます。

がんばれシブがき隊!

 

 

| 日記 | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0)
思わぬところで

お得意さまからラインで新聞記事が送られてきました。

なんと九スポ!(九州スポーツ新聞)

先日、メディア関係者が蔵見学をし、取材をしていかれました。

スポーツ新聞の記者さんもいらしてたのですね。

認知していただく客層が広がり有り難いことです。

 

| 日記 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0)
春はピンク色!

今年の春は珍しく好天に恵まれ、花期が長くて各地でお花見賑わってますね。

我が家の周辺もピンク色に染まっております。

川沿いの酒蔵とソメイヨシノ。

 

リバーサイドガーデンに咲く平戸ミステリーローズ「唐衣」

 

桜吹雪が舞い散る中、出番はまだか?どころかもう出張っている庭の平戸ツツジ

 

台湾のお客様に平戸は花盛りだけど、そちらはどう?とご機嫌伺ってみると

「こんな商品になりましたよ。売れ行き上々!」と嬉しいお返事が。

甘酒の技術提携を結んだ会社の商品です。「日本 森酒造場」の刻印が。

これもピンク色ですね。

 

 

| 日記 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE