平戸路の蔵元 森酒造場ブログ

平戸路の蔵元 森酒造場 //豊年、平戸つつじ、平戸街道など販売しております。
Firando 新聞・TV報道

お陰様で11月1日発売のFirandoは長崎新聞、西日本新聞、ヤフーニュースで

取り上げていただき、また西日本テレビの放送直後はお電話やネットからのご注文が相次ぎ

その週末には「テレビを見て来ました」とお出掛け下さる方々もいらっしゃって本当に

有難いことでございました。

 

今日は朝日新聞の取材が入り、今週末12月17日(日)朝7:30-8:30の報道2001でも

当社がちらりと出てくる予定です。

 

お時間あられましたら是非ご覧ください。平戸市のふるさと納税の取り組みに関する内容で

何社か取材を受けているとのことです。

 

年末には飛鸞純米しぼりたて原酒が絞れるようですが、年を越しての瓶詰めとなるようで、

年明けのしぼりたてをどうぞ楽しみにお待ちくださいませ。

 

「五代目のこだわりの酒冬の朝」プレバト俳句の先生、夏井いつきさんの講演会が平戸で

開催されたので行ってみました。そこで作った俳句です。パワフルで頭の回転の早い先生は

大層お酒がお好きだそうですよ。

 

 

| 日記 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0)
ご無沙汰しております。

10月はイベントなどで大変忙しい時期でしたし、造りにも入りましたので

新商品に向けての準備等々慌ただしく、その日を消化するだけで手一杯でした。

お陰様で五代目初仕込の新商品「Firando夢名酒」は11月2日にローマ法王様にも

届けていただくことができました。関係者の皆様有難うございました。

このお酒は世界遺産登録候補地の隠れキリシタンの里・春日の棚田米を使用し、低アルコール(度数10%)で

発酵を止め、白ワインのように甘酸っぱくした純米原酒です。

 

そのまま冷やして飲んでも勿論おいしいのですが、試飲会でお酒3に炭酸水1で割りましたら

まるでスパークリングワインのようになり、大変好評でした。

ワイングラスでセレブーな感じ(笑)で飲んでいただきたいお酒です。

 

 

こちらの記事が長崎新聞に載りました。ヤフーニュースでも取り上げていただいたようです。

 

 

 

新酒ができたら杉玉作り!例年私がやっていましたが、今年は五代目にバトンタッチ!

お役御免でホッとしています。

 

 

まあ、私のよりはましですかね。

 

本日は6月に仕込んだ日本酒の梅酒「千年探梅」の瓶詰め作業が行われています。

明日から発売です。

 

 

先週末から2本目の仕込に入りました。

今年は年内に「飛鸞純米・しぼりたて原酒」ができますよ。どうぞお楽しみに。

 

| 日記 | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0)
わろてんか!in 平戸〜

いよいよ今週末は昨年に引き続き当酒蔵で落語会を開催します!

柳若さんは二つ目ですが、ますます売れっ子になっていて、今回は

うちのライブだけに東京から日帰りの強行軍です。

フェイスブックお友達のご厚意で木戸銭無料の大盤振る舞い!

振る舞い酒もご用意して皆様のお越しをお待ちしています。

| 日記 | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0)
日本酒の日!

本日10月1日は日本酒業界にとって、とても大切な日本酒の日です。

全国各地で「日本酒で乾杯〜!」ってやったはず!

当蔵も内々ですが、親しい人達を呼んで呑んだくれました。

その写真はしっかり日本酒造中央会に投稿!一昨年は抽選に当たってとある蔵からの日本酒が届きましたから

今年もそれ狙い(笑)いえいえ日本酒の推進活動です。うちから出したお酒は全国のどなたに当たるのでしょう。

専務(息子)は佐世保市で開催の県の酒造組合主催の「日本酒の日」イベントに参加。

長崎県は初めての試みです。

嬉しいことに初イベントに息子が参加でき、きっといろんな方たちと交流ができたであろうと有難く感じる日でもありました。

うちの蔵に来てくれた仲間が本当はビール党なんですけど、「いつもビールばっかり飲んでいるけど、やっぱり日本酒はうまい!」と言ってくれたことが何よりでした。日本酒がこれからも愛されるように本日から始まった今期の仕込み頑張ります。

 

 

| 日記 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0)
平戸の新たな特産品

平戸は県下でも移住率第2位と最近若い人たちが移り住んできていて

新しい風が吹いています。

その中のお一人に長野県から移り住み、この平戸の地で菜種油を搾取する搾油所を

作った若いカップルがいます。

昨日、三年越しでやっと菜種油が商品化できたのでと持ってきて下さいました。

この日をまだかまだかと待ちわびていたのでとても嬉しかったです。

その方がおっしゃるには昔はその土地その土地で油を搾って売り買いする風習があって

この平戸にも搾油所があったのだそうです。

その土地に咲いた菜の花から油をとってその土地のものをいただく。

こんな贅沢なことはないですね。

レッテルは奥様の作品。

 

平戸の海の青と菜の花を版画仕立てで。センスいいな。

早速、昨夜の晩御飯にいただきました。

フライパンに菜種油を熱し、平戸産のお塩(この方も長野県から移住)をパラパラと振りかけブリの切り身を焼いてみました。

さすが、植物油。油っこさがまったくなくいいお味に仕上がりました。

揚げ物にも使いたいけどもったいなくて。

今日は柳川に社員旅行に行った娘のお土産のお酢と併せてドレッシングにしたいと思います。

休みの前の日にはアヒージョと冷やおろし!で秋の夜長をと菜種油を眺めながら一人盛り上がり中!

 

 

 

| 日記 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE