平戸路の蔵元 森酒造場ブログ

平戸路の蔵元 森酒造場 //豊年、平戸つつじ、平戸街道など販売しております。
初の土砂降り蔵開き!

 

昨日の蔵開きには悪天候の中、足をお運びいただき本当に有難うございました。

心よりお礼申し上げます。相当の雨が降りましたのでお客様には大変ご迷惑

おかけしたことと存じます。ご不便かけた点も多々あったと思いますが

どうぞご容赦くださいませ。

 

五代目初仕込「飛鸞」(ひらん)純米65/純米50/純米40の3種類を

蔵開きに合わせて発売開始させていただきました。

数字の65 50 40は精米歩合を表示しています。

数字の小さい方がより磨いているということです。

 

65は平戸根獅子の棚田米を使用した辛口タイプ。

50と40は吟醸タイプなので酒造好適米山田錦(県外の米)を使用しています。

吟醸は香りに特徴がありますが、食中酒として飲んでいただきたいので

あまり強くないほのかな香りにこだわっています。

40は甘みがあるので、肉料理などしっかりしたお料理に。

50は酸味が強いので酸の効いたお料理に適していると思います。

 

蔵開きの様子をブログ「今日も平戸で庭ぐらし2」(武家屋敷O邸のマダム)

で書いていただいていました。嬉しい!いつも有難うございます。

「今日も平戸で庭ぐらし2」

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日記 | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0)
酒蔵まつり

ホームページでご案内しておりました「酒蔵まつり」

いよいよ今度の日曜日に迫ってまいりました。

気になるはお天気!自称「晴れ女」としましては

ここはなんとしても「雨のち曇り」の予想を

「曇り」まで持って行きたいところ。

雨の経験がないので、外でやる餅つきや出店は

駐車場は・・などなど蔵の空間は狭いのでどうやりくるするか

そんなこと考えるのが面倒なもんで、「雨は降らん降らん」と根拠もなく

ポジティブシンキング。晴れでも雨でも楽しい時間が過ごせればいいなぁ

とたくさんの皆様のお越しをお待ちしております。

昨日は長崎新聞、西日本新聞さんに告知が出ました。

↓は西日本新聞の記事です。

そして、武家屋敷O邸のマダムのブログにもご紹介が。

何とも嬉しいご案内文でしたのでここに貼付させていただきます。

いつも心にかけていただいて感謝しております。

O邸マダムのブログ

| 日記 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0)
ついに世界遺産登録の勧告が出ました。

昨日は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産登録を

イコモスよりユネスコに勧告がなされました。

キリスト教徒が潜伏していた時代、彼らがどのように信仰を守り抜いたか。

その状況を今に伝える文化が遺産として登録されます。

平戸の構成資産は

彼らが聖地としていた安満岳、その麓の春日の棚田そして多くの信者が処刑され

聖水が出ると言われる中江ノ島の3箇所です。

キリスト教が伝来した450年当時の祈りの言葉、オラショは当時西洋で歌われていた

グレゴリオ聖歌と全く同じものでした。グレゴリオ聖歌は時代ごとに変化していきましたが

隠れキリシタンは身を潜め、宣教師も入国できなかったため、最初に受けたオラショが

そのまま今に伝わっています。

禁教時代が終わると、潜伏キリシタンは教会に行き「私はキリシタンです」と名乗り

カトリック信者に復活していきますが、平戸の場合は隠れていた時は表向き神仏を祀っていたため

そのまま仏教徒です。

平戸が「潜伏キリシタン」と言わず「隠れキリシタン」と言われる理由はこのように「隠れキリシタン」

が信仰していたものが、もはやキリスト教ではなく別の文化になっていたものだからと言われています。

禁教時代がもたらした色々の文化を世界遺産という形で評価していただけて、これからますます研究がなされていくことと

思います。この地の先祖の苦難が世界的な評価に継ったことで私達はますますこの地に感謝し、守っていくことが

課せられたと肝に銘じ大切に後世に残していく努力をしたいと思います。

 

安満岳、春日の棚田のアクセスは↓をご参考に。ちなみに当社は新町バス停から徒歩1分です。

http://kyoukaigun.jp/visit/file/Hirado.pdf?20160801073029

 

 

春日の棚田

 

中江ノ島

 

安満岳とその参道

 

| 日記 | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0)
やりました!平戸は晴れ 渡海人(とかじん)祭り

大型連休後半戦は昨年に続き今年も好天に恵まれそうです。

平戸のGWは渡海人祭り。平戸大橋の下の海辺で地場産品の販売などやっています。

詳しくは下のチラシで。

家族連れにはたまらないおもしろいイベントですから是非お出掛けください。

当社は今年初めて量り売りをやっています。

これが大当たり!

お客様一杯200円の「飛鸞辛口純米65」をグイグイ!

やっぱお祭りはこれですね。

 

| 日記 | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0)
酵母の瓶

ちょっと前にメディア関係者が酒蔵においでになり

世界遺産登録候補地「春日の棚田」のお米を使って

造った低アルコール純米原酒「フィランド夢名酒」

に関する取材を受けておりました。

このブログでもスポーツ新聞など思わぬところで

記事として載せていただいて嬉しかったことなど

書いておりますが、つい先日共同通信社さんから「全国に

記事を配信しました。」とのご連絡をいただいておりました。

共同通信社さんの記事を載せるか載せないかは各社の判断で

全ての新聞に載るわけではありませんが、ここ数日は

全国津々浦々からお問い合わせのお電話をいただいており

本当に有り難いことだと思っております。

歴史的価値のある「春日の棚田」を保全していくために

酒屋としてできることを精一杯やらせていただきたいと思っております。

 

さて、今日は思わぬものを発見しました。

当社は酵母は自家培養していないため、醸造試験所から取り寄せて

おりますが、これは昔からそうだったようで、こんな瓶を発見!

「純粋酵母」と上の方に。そして見えにくいですが下の方に

「日本醸造協会」と彫られています。

この瓶はうちのリバーサイドガーデンから掘り出したもので、

平戸ミステリーローズ「唐衣」を頂戴したマダムがバラの手入れを

しに来られた時見つけ出してくださったものです。

土の中から出てきたものですから何十年眠っていたか知りませんが

大変汚れており、マダムが「この瓶は珍しいものだから取っておいて

お花でも飾るといいわよ」と言われたので捨てるわけもいかず(笑)

漂白してみたら何とも嬉しい掘り出し物でした!

平戸ミステリーローズ、先祖が植えた菊を間引きしたら伸びやかに

枝を広げたくさん蕾をつけてくれました。しあわせ!

| 日記 | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0)
春日の棚田米 田植え

早場米の田植えが始まりました。

山奥深く棚田が連なります。

 

 

 

古からの石垣がそのままに。先人の苦労が伺われます。

 

 

山里に潜み田畑を耕した隠れキリシタン。しかし、安満岳の水系と海風が

おいしいお米を作り出した。

 

農家の方々のお陰でうちのお酒がありますことに感謝して。

 

 

| 日記 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0)
武家屋敷のオープンガーデンとその周辺を巡る平戸おすすめ旅!

 

平戸の市花は平戸ツツジ。

平戸つつじが咲く頃、平戸の武家屋敷を中心にお庭が公開され、

立派な佇まいを散策して回ることができます。

普段は入れないので是非ともこの日に訪れたいもの。

 

これは↓大曲敦家のマダムお手製のDMとマップ。

このマップを見るだけでも平戸散策の楽しさが伝わってきます。

 

大曲敦家の本家にあたる大曲公家にはお殿様があそばされた貴重な茶室があり、

茶室の窓から庭のツツジが見られるというすごく贅沢な設計になっています。

 

内野家の見事な築山。

志自伎家には海に入ってくる船をチェックしていたという展望台があり

大航海時代を彷彿とさせるお庭。

武家屋敷のお庭は貴重な原木を見られる植物園のような場所であり、

歴史を味わえる場所でもあり。平戸のお庭は大したものです。

 

お庭だけでなく重要文化財や景観資産に登録されているものの公開もあります。

幕末の志士が密会したと言われる田助の永山家や明治の酒蔵(森酒造場)など。

 

ゆるりと流れる平戸時間。癒やされること間違いなしです。

お天気がよければお着物での散策、おすすめです。

移動にはシャトルバスをご利用下さい。

 

 

 

 

| 日記 | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0)
シブがき隊

蔵内は製造が終わり、蔵のメンテに入りました。

明治28年に建った蔵は古くて大変!

蔵男たちは梁や柱を磨いて柿渋を塗る作業を今日から開始。

その名も「シブがき隊」違うか(;´∀`)

はしごは簡単そう!

しかし、

天井の梁はリフトに乗って塗ります。

乾燥しては重ね塗りの繰り返しが続きます。

がんばれシブがき隊!

 

 

| 日記 | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0)
思わぬところで

お得意さまからラインで新聞記事が送られてきました。

なんと九スポ!(九州スポーツ新聞)

先日、メディア関係者が蔵見学をし、取材をしていかれました。

スポーツ新聞の記者さんもいらしてたのですね。

認知していただく客層が広がり有り難いことです。

 

| 日記 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0)
春はピンク色!

今年の春は珍しく好天に恵まれ、花期が長くて各地でお花見賑わってますね。

我が家の周辺もピンク色に染まっております。

川沿いの酒蔵とソメイヨシノ。

 

リバーサイドガーデンに咲く平戸ミステリーローズ「唐衣」

 

桜吹雪が舞い散る中、出番はまだか?どころかもう出張っている庭の平戸ツツジ

 

台湾のお客様に平戸は花盛りだけど、そちらはどう?とご機嫌伺ってみると

「こんな商品になりましたよ。売れ行き上々!」と嬉しいお返事が。

甘酒の技術提携を結んだ会社の商品です。「日本 森酒造場」の刻印が。

これもピンク色ですね。

 

 

| 日記 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE