平戸路の蔵元 森酒造場ブログ

平戸路の蔵元 森酒造場 //豊年、平戸つつじ、平戸街道など販売しております。
雨過天晴

元旦の社長訓示は「雨過天晴」

最近書道を始めた娘の書を見て今年はこれだ!と決めたそうで。

本当はお見せできるような書ではありませんが、初段の腕前をご披露。

初段を取ると雅号がいただけるそうで、書道の雅号と言えば「松」とか「梅」

みたいな一文字が入るのかと思えば、さにあらず。なんと「エリカ(英里華)」!!

友達の名前と一緒でなんか変な感じーと本人は言っておりますが、ハイカラです。

「雨がやんで天が晴れる」悪いことも好転するという中国の皇帝の言葉だそうです。

出した〇〇が倍になって戻って来る年になりますようにとひたすら願う不埒な私。

ワクワク気分で希望に満ちた一年になりますように。

今日は小学校の初めての同窓会に行って参ります。

還暦リーチとなりましたからね。何十年ぶりに会うのって恥ずかしい〜

 

 

| 日記 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0)
明けましておめでとうございます!

昨年は当社にとりましては、次から次に追いたてられ、走り続けた一年でした。

今年もたぶんこの状況は続くものと思われます。

平成元年春、この地に嫁ぎ、はや30年。平成と共に歩んできた酒造業。

一昨年戻ってきた五代目の酒造りも二季目に入り、五代目のラインナップにほぼほぼ

シフトされ、一時代の転換期を感じております。

一途に、真っ直ぐな酒を造る。オール平戸を目指した五代目の酒造り。

今年も皆様の応援をよろしくお願い申し上げます。

 

PS:幸木に下がっているブリ、今朝写真を撮りに来たお客様が「猫が引っ張りおろしてるよー下げ直しておくね」って。

猫も丸々と太ったブリが美味しいことを知っているようで(笑)

 

| 日記 | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0)
冬至 ゆず湯 そして「しぼりたて原酒」

今日は暖房が要らない、とっても暖かい平戸でした。

酒造りにとっては仕込む時にぐんと気温が下がらなととても大変です。

今月もう一本吟醸系のお酒を仕込みますが、寒波襲来の予報を信じてうまい具合に気温が

下がることを願っています。

こんなに暖かいと冬至恒例のゆず湯もあまり気分が出ませんが、いただいたゆずをたっぷり

湯船に浮かべて「い〜い湯だな、ははは〜ん♫」

調子に乗ったところで本日店頭に並んだ飛鸞純米60しぼりたて原酒でまた一杯!

今年のしぼりたて原酒は純米60(純米吟醸)

日本酒度+5.5 辛口。

酒造好適米「山田錦」を全量使っている大変贅沢な無濾過生原酒。

季節限定品ですので、お早めにどうぞ。

720ml 1,400円(税込)

明日は新しい家族がやってくる!突然過ぎて準備ばたばた!

それもまた楽し!

 

 

 

 

 

| 日記 | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0)
二番粕で一杯!

本日、「世界遺産登録された棚田米で作る日本酒」クラウドファンディングが終了いたしました。

本当に多くの皆様に応援いただきました。有難うございます。

 

まもなく返礼品としてお届けする「フィランド夢名酒」が末永くご愛飲いただければ嬉しく思います。

そして、そのことが遺産を後世に遺していく一助になるのであれば作り人としてこれ以上の喜びはありません。

その春日の棚田は今月いっぱいですが、イルミネーションで彩られています。

30分おきにブルーとピンクが入れ替わります。「2018春日」の文字が。

あたり一面棚田と山。静かな雰囲気の中で訪れた人たちの賑やかな声がそこここに響く。

なんとも癒やされる空間です。明日はこのイルミネーションの最終日。まだの方是非

足をお運びください。ふるまいのおぜんざいも美味でした。ご馳走様でした。

 

先日大根をたくさん頂いたので二番粕を使って粕漬けにしてみました。

今日切って出してみたら大好評!

みなさまも奈良漬を買ったらその粕は捨てずに塩もみして一昼夜おいた大根、人参、きゅうりを漬けてみてください。

粕は体にとってもいいんですよ。

 

 

 

| 日記 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0)
初搾り

週末はとかく人と会うことが多い3日間でした。

華金の夜はFB友の帰省を祝して、5時間の飲み会。

からの、土曜日はきらきらフェスティバルでの酒の販売。

長崎県の主催で初の試み。イルミネーションのきれいな中でお手頃価格で飲み比べていただきました!

県の担当者が日本酒大好き女子だったので気合が入ったイベントでした(笑)

好きこそ・・・ですね。

懇親のポスターも作っていただきました↓

日曜日午前中はじゃらんのお客様と濃い時間を。お酒好きの方々と共感しあえる幸せ。

お酒好きはすぐに昔から知り合いだったような気分になるから不思議です(笑)

午後からは東京からお越しのオラショクラブ合唱団の演奏をザビエル教会で。

厳かな昼下がりを過ごし、演奏後は合唱団のお酒好きの選抜隊?!が酒蔵にもお越しいただきました。

グレゴリオ聖歌を歌う私達アンサンブル・パレストリーナにとっては大変勉強になる時間でも

ありました。ザビエル教会があんなに響いたのを聞いたことがありません。素晴らしかった!

晩ごはんの支度も押せ押せになって普段なら慌てるところですが、

朝一番で山口県から鯖寿司やおつまみを届けてくださった松浦商店さんのお品があったので

余裕のよっちゃん!お得意様からいただいたマグロやあじも刺し身にさばいて豪華な海の幸晩ごはんになりました。

 

さあ、今日は一本目の搾りの日です。

新品の搾り機、初始動!緊張の長い一日。蔵の中はリンゴの香りが充満。

あー幸せ。

 

 

 

 

| 日記 | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0)
三種の神器

今年は天候不順で米の収穫が遅れたり、明治蔵のリノベーション等々で

10月後半からのやや遅れての酒造りに入りました。

シャッターが降ろされ、工場内の見学は酒造りが終わるまでご遠慮いただいて

おりますが、明治の酒蔵ではこれまでどおりお酒の説明をさせていただき

試飲、ショッピングができますのでいつでもお立ち寄り下さいませ。

 

さて、今立ち入りが禁止されている工場には今季から新しい設備が3つも入りました。

1つ目は

搾り機です。

 

これまでの搾り機はもろみの入った袋を吊り下げて圧縮するタイプでしたが、

これは袋を寝かせて搾るタイプのものです。

 

二つ目は

プレートヒートクーラー

 

 

これは瓶詰めをする時に使うもので、タンクから出てきたお酒を熱処理

すると同時に続けて冷却できる装置です。この装置を通して瓶詰めします。

これまでは熱処理をしたお酒を瓶詰めして、氷をはった桶で冷却して

冷蔵保存するというとても手間のかかる方法でやっていました。

これで生産性がぐっと上がりますし、何より品質がいい状態で保存できます。

 

最後に3つ目

洗米機です。

 

 

これまで人力で米を洗っていましたが、機械がやってくれるので

よりきれいに洗えますし、省力化。蔵人も助かります。

 

一歩一歩ですが、五代目の酒造り、理想に向かって進んでいます。

 

例年この時期に頒布会を配布しておりましたが、

今年は年明けから頒布させていただきます。

名前も頒布会ではなく「飛鸞会」です。

その月に搾ったお酒をその月にお届けする無濾過生原酒

毎月何が届くかは秘密となっております。

市場に出回らないフレッシュなお酒を是非お楽しみ下さい。

日本酒好きにはたまりません!!

 

 

 

 

| 日記 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0)
明治の酒蔵、半世紀ぶりにリニューアル

当社には明治創業当時の建物が一つだけありますが、

熊本の地震などの影響で土壁に亀裂が入り、いつ崩れてくるかと

ヒヤヒヤの状態でした。

この夏、耐震工事に入り、やっと今週中には完成予定。

照明も少しよくなりました。

補修したことで入れるようになったスペースは今後

地元の方の絵画の展示などに使っていただいたり

ライブをやったり、酒蔵が身近な交流拠点になるといいな、

と思っています。

来週末のおくんち、秋めぐりには是非遊びに来てくださいね。

長崎新聞が昨日記事にしてくれました。

 

 

| 日記 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0)
平戸の世界遺産を後世に残していくために

大航海時代、西の都「フィランド」と呼ばれていた平戸。

当時、世界地図の中で「フィランド」は大切な港でした。

その交易の中で海外の宣教師が日本にキリスト教を布教し、

秀吉が禁教しました。明治時代に禁教が解かれるまでの270年間

キリシタンたちは潜伏して、キリスト教を守り続けました。

その当時のままの「春日の棚田」が世界遺産となりました。

耕作放棄地や後継者に悩む農家が多いこのご時世にこの棚田を

どうやって後世に残していくか、酒屋なりに考えてみました。

 

世界遺産の棚田米で造る純米原酒「フィランド夢名酒」の

クラウドファンディングを本日より開始いたしました。

より多くの方に知っていただくために、ずっと愛され続けていくために

お酒を通して平戸を発信していきたいと思います。

ご共感いただけましたら幸いでございます。

 

マクアケ クラウドファンディング

 

 

| 日記 | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0)
年度末、そして明日は「日本酒の日」

台風24号は暴風域から幸いにも外れていますが、

ものすごい風が吹いている平戸です。

行楽シーズンで酒蔵見学もたくさんお受けしていましたが

キャンセルとなり、静かな日曜日を過ごしています。

 

酒造業界は9月が年度末。

来月10月は明治蔵の耐震工事が終了し、新しい設備が入り、

そして、30年度の酒造りに入る多忙な一ヶ月になりそうです。

 

数日前にTV取材を受けていた番組が一昨日放送されました。

(NBCとことんハッピー)

耐震工事中にも取材を受ける果敢な当社ですが、案の定

蔵の前のブルーシートなども映り込み(笑)あらら、な所も。

それでもやはりプロ。上手に撮ってありました。

世界遺産登録の春日の棚田米で作られた「フィランド夢名酒」

がとてもきれいにアップされていまして有り難いことでした。

 

このTVの内容は今、とにかく平戸がおもしろい!というテーマ。

こなきゃ損損です。

今が旬の平戸の海の幸「あご」の豊鮨さんのにぎり(期間限定)の紹介や

10月末までやっているナイトショー「平戸、海のものがたり」の紹介など。

「平戸、海のものがたり」はこの週末台風のため中止となり本当に残念です。

 

明日は「日本酒の日」で当社の(工事中ですが・・)蔵でも「乾杯!」

やります。まだまだお席空いていますので、日本酒お好きな方は

ぜひ、お出かけください。

(会費1,000円)

 

 

 

| 日記 | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0)
冷やおろしの季節

雨が降らなくて大変!と大汗かいていたあの夏は

どこへ行ったのでしょう。

あご風がビュービュー吹いたかと思えば、秋雨前線

停滞で長雨が続く平戸です。湿度が高くお肌ベタベタ、

髪の毛チルチル爆発状態!!!

さあーそんなお天気でもこれさえあれば気持ちも爽快!

それはそれは・・・・・・・・・・・冷やおろしです。

今年は「飛鸞純米65」を一夏熟成させたものを生詰

いたしました。

ラベルは長崎の居酒屋さんのデザイン。

稲穂が黄金色に実り、トンボが飛んでいる様子が

自然豊かな山里を彷彿とさせとっても気に入りました。

 

日本酒度5度の辛口です。

きりっとすっきり、キーンと冷やして一杯いかがです?

 

 

 

 

 

 

| 日記 | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE