平戸路の蔵元 森酒造場ブログ

平戸路の蔵元 森酒造場 //豊年、平戸つつじ、平戸街道など販売しております。
<< やりました!平戸は晴れ 渡海人(とかじん)祭り | main | 酒蔵まつり >>
ついに世界遺産登録の勧告が出ました。

昨日は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産登録を

イコモスよりユネスコに勧告がなされました。

キリスト教徒が潜伏していた時代、彼らがどのように信仰を守り抜いたか。

その状況を今に伝える文化が遺産として登録されます。

平戸の構成資産は

彼らが聖地としていた安満岳、その麓の春日の棚田そして多くの信者が処刑され

聖水が出ると言われる中江ノ島の3箇所です。

キリスト教が伝来した450年当時の祈りの言葉、オラショは当時西洋で歌われていた

グレゴリオ聖歌と全く同じものでした。グレゴリオ聖歌は時代ごとに変化していきましたが

隠れキリシタンは身を潜め、宣教師も入国できなかったため、最初に受けたオラショが

そのまま今に伝わっています。

禁教時代が終わると、潜伏キリシタンは教会に行き「私はキリシタンです」と名乗り

カトリック信者に復活していきますが、平戸の場合は隠れていた時は表向き神仏を祀っていたため

そのまま仏教徒です。

平戸が「潜伏キリシタン」と言わず「隠れキリシタン」と言われる理由はこのように「隠れキリシタン」

が信仰していたものが、もはやキリスト教ではなく別の文化になっていたものだからと言われています。

禁教時代がもたらした色々の文化を世界遺産という形で評価していただけて、これからますます研究がなされていくことと

思います。この地の先祖の苦難が世界的な評価に継ったことで私達はますますこの地に感謝し、守っていくことが

課せられたと肝に銘じ大切に後世に残していく努力をしたいと思います。

 

安満岳、春日の棚田のアクセスは↓をご参考に。ちなみに当社は新町バス停から徒歩1分です。

http://kyoukaigun.jp/visit/file/Hirado.pdf?20160801073029

 

 

春日の棚田

 

中江ノ島

 

安満岳とその参道

 

| 日記 | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.mori-shuzou.jp/trackback/1246006
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE